冬場はラグなどを敷いておかないと足元が冷えやすい

冬は足元が冷たくなりやすい

部屋を探す際、洋室の賃貸部屋にこだわる人は少なくないでしょう。フローリングだと、床に水をこぼすなどして汚れた場合も掃除に手間がかかることがありません。ただしフローリングの場合、気温が一気に下がる冬になると足元が冷えやすくなってしまいます。そもそもフローリングで使われている床材は、何枚もの木の板をぴったりと接着することでできています。つまり、床材の中に空気が一切含まれていないことから、あたたかい空気が足裏に伝わることがありません。その結果、裸足でフローリングを歩くと、冷たさを感じやすいというわけです。足が冷たくなると、冷え性で悩むのはもちろん風邪や肩こりに悩まされやすくなります。したがって、早めに対処する必要があります。

ラグを敷くのはおすすめ

フローリングの冷たさを感じないようにするためには、カーペットやラグなどを足元に敷くことがおすすめですよ。ラグなどを敷いておけば、足が直接フローリングに触れることがありません。そのため、フローリングの冷たさを直に感じにくくなります。また、ラグの繊維には空気がたくさん含まれていることから、断熱性が非常に高いです。つまり、足裏を温めてくれる効果も期待できます。その他にも、コルクマットも対策としておすすめですよ。コルクには冷気を遮って一定の温度に保つ機能があります。したがって、冬場のフローリングにありがちな冷たさを和らげることが可能です。ホームセンターなどに足を運べば、色合いや大きさ、デザインなど多種多様なラグが販売されています。そのため、自分の部屋に合う商品を選ぶといいでしょう。