洋室は家具や家電、インテリアのコーディネイトが合わせやすい

おしゃれにコーディネイトできる洋室

賃貸部屋は、床材がフローリングの洋室のタイプと畳になっている和室のタイプがあります。洋室は部屋全体のコーディネイトがしやすいため人気のある部屋のタイプです。畳は重たい家電や家具を配置すると、畳がへこんでしまうことがあります。一方のフローリングは床が頑丈なので、重たいベッドやソファ、テレビなども置くことが可能です。

洋室はあらゆるデザインの家電や家具、ラグや照明器具などのインテリア用品にも合いやすいため、おしゃれな部屋の空間をつくることができます。店頭で販売されている家電や家具、インテリア用品なども、洋室にマッチするものがほとんどですし、手ごろな価格で購入できる場合も多いです。洋室は模様替えも楽しめて、自由自在に部屋をコーディネイトできるところが魅力です。

洋室のメリットとデメリットとは!?

洋室のフローリングは、掃除が簡単にできるというメリットがあります。重たい掃除機を出さなくても、ほうきやモップ、乾燥シートなどでホコリや汚れを取り除けます。手軽に掃除ができるので、清潔で綺麗な空間を維持できるでしょう。そして、畳は経年劣化するものなので、数年に一度は張替えが必要になります。一方のフローリングはそういった大掛かりなメンテナンスは不要で、ワックスなどのお手入れで綺麗なフローリングの状態を保てます。

洋室にも良いところだけではなく、デメリットもあります。フローリングは夏場はひんやりと涼しいですが、冬場は足元が冷えやすいのが難点です。寒くなるシーズンは絨毯を敷いたり、寒さ対策をするようにしましょう。