洋室の部屋よりも和室の賃貸部屋の方が家賃は安め

日本風の和室の特徴について

和室の特徴は畳であることです。日本風でモダンな雰囲気があるので、畳の部屋は落ち着くという人も少なくないでしょう。畳は天然素材のい草が使用されています。い草はクッション性が高くて、保温性に優れている素材になります。ですから、洋室のフローリングの床と違って、足音が下の階に響きにくいです。

そして、ガラスのコップを落としても割れにくいですし、物が壊れるのも防げます。冬になると洋室のフローリングの床は冷気が足元に伝わりやすいので、寒くなりがちになります。その点、厚みのある畳は内部がスポンジ状になっているので、床からの冷気が伝わりにくいので暖かさがあります。また、畳は空気清浄や湿度調節の機能性もあります。通気性に優れているので、年間を通して畳のある和室は快適に過ごせるでしょう。

和室のメリット!家賃が安い傾向があること

昔ながらの日本風の和室に住んでみたいという人もいるでしょう。和室のメリットは、洋室の賃貸物件と比べると、間取や広さ、立地が同じである部屋でも、家賃が安い場合が多いことです。その理由として、畳のある和室は、築年数が古い物件が多い傾向にあるからという点が挙げられます。築年数が古い賃貸物件の場合、設備が古い、使用感があるというイメージを持つ人もいるため、比較的設備が充実している洋室に比べると不人気になります。 ですから、和室と洋室で同じような間取りの賃貸部屋の物件があっても、和室のほうは1万円以上も家賃が安いということもあります。毎月の家賃を節約したいと考えている人は、和室の物件のほうが向いているでしょう。

札幌北区は中心部に隣接し、買い物やレジャーに便利な場所です。また、少し足を伸ばせば多くの自然や、観光地としても有名な大学があります。札幌北区の賃貸に住めば新しい発見があるかもしれません。